i-Phone

                        

            

 

世の中にどんどんスマートフォンが普及していって、折り畳みの携帯「ガラケー」を使う人が減ってきた気がする。
携帯売り場に行ってもほとんどがスマホで、折り畳みの携帯はほとんど見かけない。

スマホが出たばかりの頃は、一部のアップルユーザーだけが買うマニア向けの携帯になるのかな?
って勝手に想像していたが、実際には全世界の携帯市場を席巻し、今では携帯電話やパソコンの立ち位置や、シェアまでにも影響を与える存在になった。

ある意味携帯電話だけの狭い話ではなく、人々のライフスタイルや企業の方向性にも、大きな影響を与える出来事だった気がする。

そんなi-phoneを生み出したアップル社のスティーブ・ジョブズ以前は、ITというとコンピュータオタクみたいな理系で暗い・固いイメージだったが・・・

スティーブ・ジョブズの出現によって、ITのイメージは、クリエイティブでライティング能力や企画力、表現力、アイディアを問われる。
むしろ文系やオタクとは真逆なイメージの人たちが活躍する仕事に変わった気がする。

これに関しては僕の勝手なイメージではあるがーww

それにしても、こんなに世の中に影響を与える文明の利器が登場するとは・・・

ほんの何十年まえにはまだ携帯電話がまだ世の中にはなく、パソコンも限られた一部の人だけのものだったのに、今では誰もがパソコンも携帯電話も持っていて、使いこなしている。

うちの奥様は以前、仕事関係でオムロンの評判をパソコンで見ていたけど、最近もっぱらi-Phoneでチェックしている。やはりこっちのほうが便利化ぁ~

子供から老人までが使っている時代だ。

10年後には、今では想像もつかない機器が普及して、今では考えられない未来が待っているのかもしれない。