CDが売れない時代

         

                      

 

音楽業界で、CDの売り上げが激減しているとか、CDが売れなくなったと、昔ニュース記事で見たことがある。

やはりインターネットの普及やitunesによって、音楽は「買うもの」じゃなく「ダウンロードするもの」になってしまい、契約書とかがペーパーレスでメールで届く世の中になった様に、音楽もCDじゃなく、聞きたい曲だけダウンロードする時代になったという事かもしれないな。

しかしそんな時代でも、アイドル業界みたいに、CDを買うと握手券になるとか、サインがもらえるとか、様々な付加価値で売っている人達も大勢いる。

今のCDの売り上げはほとんどアイドルなのかもしれない。

CDを買って聞くっていうより、ダウンロードで聴けるから、わざわざCDが買いたいという人が世の中から減っているのかもしれない。

でもそうするとミュージシャンを抱える音楽業界は何で収入を得るのだろうか?
CDを発売しました!というのは宣伝の為の話題作りというかネタで、そのネタを元に雑誌に出たりテレビに出たり、ライブを開くキッカケ・宣伝文句にしているのだろうか?

つまりは音楽を売るというよりは、スポンサーやマーケットを視野に入れて、広告価値を高める為にどういう音楽を作るべきか?どういう顧客層をターゲットにするべきか?

みたいな視点で音楽業界は、ミュージシャンにお金の価値を見出しているのだろうか!?

だとすると、ヴィジュアル系はヴィジュアル系が好きな男女の若者ファンを獲得することで、CDが売れようと売れまいと、顧客を集められる、動員出来る、またはそういう層にアピール出来るという事が、価値になって、企業はお金を払うのではないだろうか?

つまりは音楽のクオリティーよりも、もしかしたら話題性とかキャッチーとか、ヴィジュアルとか、そっちがプロを目指す上では重要なのかもしれない。

お笑いでもアイドルでも、最近は司会もやったりドラマに出たり、ジャンル違いの事にも色々チャレンジして頑張っている。

今はミュージシャンに限らず、色々出来ないと生き残れない世の中なのかもしれない。